事業内容

ホーム > 事業内容

事業内容

弊社は、皆様の「こころの健康づくり」をお手伝いする会社です。

企業様には
「メンタルヘルスケア」を目的としたEAP(従業員支援プログラム)をご提供いたします。
個人様には
「カウンセリング」で話をお聴きしながら、問題解決の糸口を見つけ援助を行います。

「メンタルヘルスケア」とは
全ての働く人が健やかに、いきいきと働けるような気配りと援助を行い、その活動が円滑に行えるような仕組みを作り、 実践することをいいます。
メンタルヘルスケアの実践の定義として
①職場の生産性低下の予防
②生産性や活力の向上
③リスクマネジメント 
メンタルヘルスケアの考え方と体制づくり
①労働者を対象としたもの(「メンタルヘルス不調者への対応」、「全労働者への対応」)
②職場環境を対象としたもの
を同時に進めることが重要です。
メンタルヘルスケア対策を効果的に進めるために必要なケアを、4つの種類に分けています。
1、「セルフケア」は、私たちが自分自身で行うことのできるケア。働く人が自らのストレスに気づき、予防対処し、また事業者はそれを支援すること。
2、「ラインによるケア」は、管理監督者が行うケア。日頃の職場環境の把握と改善、部下の相談対応を行うことなど。
3、「社内産業スタッフ等によるケア」は、企業の産業医、保健師や人事労務管理スタッフが行うケア。労働者や管理監督者等の支援や、具体的なメンタルヘルス対策の企画立案を行うことなど。
4、「社外資源によるケア」は、会社以外の専門的な機関や専門家を活用し、その支援を受けること。

「カウンセリング」とは
カウンセラーが悩みや抱えている問題を聴き、専門家としての視点から指導や援助を行うことです。
悩んだり、つらい気持ちのときには、自分の気持ちがわからなくなり、どうしたらよいのか迷ってしまうこともあると思います。
自分のことを話し、それをしっかり聴いてもらうことで、問題点が整理でき、解決への糸口を見つけることができます。
カウンセリングは、アドバイスを受けたり、答えを出してもらったりするためのものではありません。
自分自身の力で立ち直っていくきっかけをつくり、気持ちや考え方を整理していくサポートをするのがカウンセリングです。
そのような時こそ私たちが解決へのお手伝いをいたします。

お問い合わせ
トップにもどる