▸ 職場のメンタルヘルス対策について

ホーム > 法人様 > ▸ 職場のメンタルヘルス対策について

【タイプA】

※タイプ別対策表です        ※画像クリックで拡大

会社にメンタルヘルス不調の人はいないから関係ない』という事業者の方には・・・

メンタルヘルス対策を実施していない理由には、さまざまなものがあります。

●心の健康が原因で休業休職する従業員が発生していない
●必要性を感じない
●取り組み方がわからない
●予算がない

しかし、企業が「メンタルヘルス対策」を怠ったら・・・

職場で
の心の病による『不調者』や休業者が増えて・・・


【予想される事案❶】

生産が低下し、利益が減少するかも・・・

不調者の休業や辞職によって、直接的に労働力が失われます。

また、出勤できたとしても、管理監督者や同僚がケアしなければなりません。さらに「どうしてあの人だけが優遇されるのか」という思いから、職場のモラルが低下する恐れもあります。
 

【予想される事案❷】

ミスや事故の原因となるかも・・・

メンタルヘルス不調では、体調不良などによる注意散漫から、ミスや事故の危険性が高まります。また、自暴自棄になり、思わぬ行動にでる危険性もあります。

【予想される事案❸】

損害賠償責任を負わされるかも・・・

企業には「安全配慮義務」があり、違反した場合には、損害賠償責任が生じます。

近年、労災補償の対象と認めなれるようになり、損害責任は非常に重いものになることがあります。
 

【タイプB】

『重要なのはよくわかっているけど、方法がよくわからない』という事業者の方には・・・

「メンタルヘルス対策」って、具体的には何をするの?


❶推進体制づくり

方針の明確化

・心の健康づくり計画の策定

推進体制

・メンタルヘルス対策協議会の設置取組体制の周知

❷セルフケア

意識を啓発し正しい理解を促す

・ガイドブックの作成

メンタルヘルス不調者早期発見

・アンケートによるセルフチェックの実施、疲労度チェックの実施


❸ラインによるケア

就労環境を把握し、改善する

・メンタルヘルス改善意識調査・快適職場調査の実施

スムーズな職場復帰を支援する

・試し出勤制度

(個人の状態に応じた復職支援)

・就業制限

(段階的な復職による配慮)

(準備就労制度の適用)


❹社内外によるケア

社内

・なんでも相談窓口の設置、カウンセラーによる相談

・復職サポート会議の設置

社外

・外部講師を招いた社内研修の実施

・外部資源を活用した支援プログラムの導入

❺家族との連携

意識を啓発し正しい理解を促す

・従業員の家族への情報提供

日常的に相談の場をつくる

・家族も利用できる相談窓口の設置

スムーズな復職支援する

・休業者の家族との面談
 

【タイプC】

『対策はしているけれど、困っていることがあって』という事業所の方には・・・
 

≪メンタルヘルス対策Q&A≫
 Q1.社内のメンタルヘルス担当者の主な役割は何ですか?
 A.対策を推進するために全体がうまく回るよう調整し、管理監督者や専門家などによるサポートがうまくいくように、情報共有や連携を促進する役割です。
 

 Q2.メンタルヘルス不調は自身や周りの人が分かるのですか?
 A.その症状や状態は人によって様々ですが必ず兆候があります。

身体的・心理的・行動的な各症状が見られますので、早期に気づくことが大切です。
 

 Q3.研修を行いたいが、講師はどのように選定すればよいか

 A.社内の産業保健スタッフが講師となる場合は研修を通して信頼関係を構築できます。また、より専門的に行いたい場合は外部機構への依頼をすれば研修方法の指導や研修も即実できます。
 

 Q4.従業員が相談内容を会社に知られるのではないか、と不安に思っています。その場合はどうしたらよいのでしょうか?
 A.外部機構(EAP)などと契約して会社に全く知られない状態で相談できるようにすることをお勧めいたします。

 
Q5.EAPを有効活用するためには、どうすればよいのでしょうか?
 
A.EAPは外部の機関ですので、遠慮なくどんどん相談してください。十分に従業員に周知し利用を促していただき、積極的に関わっていただくことをおすすめいたします。
 

お問い合わせ
トップにもどる