▸ EAPとは

ホーム > 法人様 > ▸ EAPとは

最近よく耳にするEAPとは?

 心の健康づくり4つのケア    ※ 画像クリックで拡大します

EAPとはEmployee Assistance Programの略で、「従業員支援プログラム」と呼ばれる企業で働く従業員向けのメンタルヘルスケアサービスのことです。

国際EAP学会によると、EAPとは「職場の生産性の向上」「社員の個人的問題の解決」の2点を援助するために作られた職場を基盤としたプログラムと定義しています。

EAPを導入することによるメリットは職場と従業員の「生産性向上」です。
メンタル不調を予防し、従業員のパフォーマンスを上げるための早期の対応をとることにより、企業の生産性低下による損失を最小限に抑えることができます。
また、EAPを導入した企業では、従業員のミスや事故が減り、欠勤や退職などによる労働損失の減少など、職場と従業員の生産性が向上したことが実証されています。

内部で実施するメンタルヘルスケアと違い、外部機関にアウトソーシングすれば相談しやすく効果が出やすいというメリットがあります。
EAPは予防に力を入れており精神面のサポートから社員が働きやすい職場づくりを目的にしています。

お問い合わせ
トップにもどる